>  > おデブの名器

おデブの名器

待合室で待っていると大体予定通りに呼ばれて対面をします。対面をするとそこにはとってもぽっちゃりのデブのソープ嬢がいました。まさかのデブに正直ショックです。私はスレンダーな女性、とまではいかなくても、細身の女性のほうが好みなんです。部屋までは階段を上がって行くのですが、この階段を上っている時に、嬢はもう息が上がっているんです。え?この階段で息上がる!?とちょっとビックリしていたのですが、もうハアハア言っているのでかなり笑えました。そして部屋のベッドに座るとおでこには汗をかいています。1月だよ?!もうビックリすることだらけでした。お風呂に入る時に嬢は裸になりましたが、この裸になった姿を見て絶句です。肉塊です。身体を洗おうとしてきたのでお断りして各々でさっさと身体を洗ってベッドに移動します。ベッドでさっさと足を開いてもらって挿入すると、これがまさかのまさか!あり得ないくらいの超名器だったんです。こんなに絡みついてくるマンコは本当に初めてでした。かなり衝撃を受けてしまいました。

[ 2015-12-31 ]

カテゴリ: ソープ体験談